yuyuのあたたかなおうち。

暮らしのこと、星のこと。

中秋の名月。十三夜のお裾分け。

こんばんは、yuyuです *゜

 

昨日、9月21日の火曜日は中秋の名月でしたね。

f:id:OyuyuO:20210921221241j:plain

中秋の名月とは旧暦の8月15日に見える月を指すもので

一年を通して一番月が美しく見えることから

秋の収穫のお祝いをすると共にお月見を楽しむ風習があります ○.

 

元々は中国の風習だったそうです。

 

秋の空は空気が澄んでいて

月も丁度良い高さで輝くので

月を見るのにはとても良いタイミング。

 

そして今年は中秋の名月がちょうど満月!

 

なので昨日は満月を楽しみにしながら

お月見を楽しめる元気な体と秋の実りをいただけることに感謝して

お月見団子を作りました ○.

f:id:OyuyuO:20210921204336j:plain

本当はお月見団子だけの予定でしたが

思いつきで黒蜜きな粉アイスと一緒に食べました。

 

うさぎちゃんのクッキーも添えて。

f:id:OyuyuO:20210921204505j:plain

そして夕食も月を連想させるものが良いなぁと思って

卵黄を乗せたお月見そうめんに。

f:id:OyuyuO:20210921204616j:plain

美味しくいただきました *゜

 

で、肝心の満月は残念ながら曇り空の為見えず … 。

 

なのでサムネイルの画像も十五夜の一日前の十四夜の月を撮影したもの。

f:id:OyuyuO:20210921221434j:plain

満月が望月 ( もちづき ) と呼ばれるのに対し

十四夜は小望月 ( こもちづき ) と呼ばれます。

 

幾望 ( きぼう ) との呼び名もあり

満月を待ち焦がれる様子を表しているのだとか。

 

よく見てみると左側が欠けていますね ○.

 

そして昨日は結局

ウェザーニュースさんのライブ中継でお月見を楽しみました♩

 

ウェザーニュースさんのYouTube

流星群の時も本当に助かっています。

こうして美しい空が全世界で共有出来るなんて

本当に素晴らしくて有難い時代。

 

ちなみにこんなこともあろうかと

満月に次いで美しいとされている

前々日の十三夜もしっかりと目に焼き付け

写真にも収めておきました!

 

ここを閲覧してくださっている皆様にお裾分け ☽.

f:id:OyuyuO:20210921204732j:plain

凛としていて美しいですね。

 

本当に素敵。

 

この感動が皆様にも伝わりますように。

 

 

あまり知られていないですが

日本では旧暦の9月13日の十三夜も観賞する風習があります。

 

今年は10月18日の月曜日が十三夜です。

 

中秋の名月を観賞して十三夜を観賞しないのは片月見と呼ばれ

縁起が悪いとされているそうな。

 

中秋の名月である十五夜は芋類の収穫をお祝いするので " 芋名月 "

十三夜は豆や栗の収穫をお祝いするので " 豆名月 " や " 栗名月 "

とも呼ばれています。

 

十三夜を楽しむ風習は日本独自のものだそう!

 

そして片月見のお話は今月と来月のことですが

十五夜も十三夜も毎月やってきます。

 

冒頭でも書いていますが今の時期は

月の高さが丁度良く空気も澄んでおり

一年の中でも一際月が美しく見えますので

お時間のある方は是非空を見上げてみてくださいね ☽。

 

yuyu

 

□□□

 

⇩ ランキング参加中です ⇩

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援本当に有難うございます。

 

□□□